ATやART形式のパチスロファンの皆さんこんにちは!

パチスロはパチンコと違って天井が設定してあり、いつかは当たるようになっているのが大きな魅力ですね。いま当たっていなくても、いつかは分からないけれどそれまで蓄積されてきた当たりを強制的に放出させるようになっていますから、パチンコより安心して打つ事ができます。自分が打っている台が天井間近なのかまだまだ遠いのかはさすがに分からないので、どこまでねばるか、または引き下がるのかが勝負の駆け引きになるのは面白さの一つです。

スロットマシンは1870年代中頃にあったコイン作動式の競馬ゲームから端を発し、1890年代初頭には現代の形に近いリールマシンがポーカーをモチーフとするゲームとして出現している大変歴史の長いゲームです。リールの電子制御を可能にした「バーチャルリール」の開発は1980年代初頭と比較的最近で、これに正確な挙動制御ができる「ステッピングモーター」を搭載させたモデルが1985年に開発され、現在のパチスロに受け継がれています。

現在ではATやARTという形式のパチスロが人気です。毎月のように新機種がどんどんリリースされていますが、題材の面白さや当たりやすさで根強い人気を保っている台も多くあります。さらなる面白さや法規制との兼ね合いで、今後どういうスタイルの台が開発されていくのか、当たりも楽しみですが、ここも楽しみなところです。

反面、パチスロはパチンコと同じく公式には単なるゲームですが、非公式にはギャンブルであり、いかに稼ぐかにプレイヤーは運と知恵を働かせます。中にはその知恵を悪い方向に働かせてイカサマ行為に及ぶプレイヤーもいるようです。犯罪行為になりますので、イカサマ行為のお手伝いに誘われても付いていっては行けませんよ。お店に雇われるサクラについても、公式に認めているところはどこにもありませんが(そりゃそうですよね)、実際にはアルバイトとして存在しているようです。店の信用に関わるリスクがありますから、ネットなどでこういうバイトは募集しませんので、見つけてもアプローチしないほうがいいですよ。

ただし、あんまり負けが込んでくると、スロットそのものをやめたくなってしまうかもしれませんね。しかしスロットには中毒性ともいえる面白さと魅力があって、「依存症」のようになってなかなかやめられないという方も多くいます。打ち過ぎには注意して、楽しくプレイしたいですね。

今後のパチスロはATが主流

「パチスロ何でもランキング「全六」のようなランキングサイトを閲覧しますと、週間ランキングでは「ひぐらしのなく頃に煌」、「カウボーイビバップ」などAT機が上位独占という様相ですが、年間人気ランキングではAT機の「北斗の拳 転生の章」が第一位(2013年発表モデルとしては唯一のランク入り)、二位以下を「バジリスク-甲賀忍法帖-II」、「バイオハザード5」など2012年発表のART機が占めている情勢です。

この事からも分かるように、現在パチスロはATが中心になる流れのようです。

「ART]」は「アシストリプレイタイム」の略語で、通常時に比べリプレイ確率が大幅にアップしている時に、小役の押し順を教えてくれるものです。この時主にベルを並べるので、「ベルナビ」という言い方をします。

「AT」は「アシストタイム」の略で、高確率状態になると高い確率でリールを止める順番が表示されるようになるシステムですが、ARTと異なり常にリプレイ確率が高い状態です。当たる押し順どおりにリールを止められるかが勝負になり、高確率状態ではその答えが表示されやすくなるわけです。

↓綺麗でお淑やかな高級マダムがお待ちかね
五反田 人妻 デリヘル