スロットによる気持ちの問題を治す事が先決

タバコやお酒のように、パチンコやパチスロについてもどうしてもやめられないという症状が出る事を「依存症」と言いますが、ニコチンやアルコールのような体内に取り込んだ物質の作用で引き起こされる依存症と異なり、パチンコ/パチスロの依存症は習慣によるものですからすべて「気持ちの問題」で治す事ができると言われています。

負けが続いていたり、家族に嘘をつくのが嫌になったり、「大好きだけどやめなければいけない」と一度ならず心によぎったという方も多い事でしょう。

やめたいと思っても、大勝ちした喜びをもう一度味わいたいとか、今までの負けた分を取り戻さないと気が済まないなど、パチンコ/パチスロへの沸き上がるモチベーションを如何に抑えるかに苦労している方が多くいらっしゃるそうです。

駅前の入りやすい一等地に店がある、面白そうな新台が定期的に発表される、コンビニなどで情報誌をよく見かけるなど、社会にはやめるどころか興味をそそらせる環境的な要因にあふれており、パチンコ/パチスロ依存症を治そうと思ったら自分の気持ちの問題だけに帰結できません。

まずは強い意志を持つことが大事だといいますが、モチベーションを刺激する要因を遠ざける工夫が必要ですね。

沖縄 ソープ